« 投稿5 あなたの【CC:BCC:活用法】を教えてください | トップページ | 投稿7 あなたの【ほろっときたメール】を教えてください »

2004/03/03

投稿6 あなたの【出だしの一言、名乗り方】を教えてください

 おそらく、メールであっても、
 通常のあいさつ同様に、第一印象が重要でしょう。
 
 出だしの一言が大切など直感するわけですが、
 く見れば、メールの書き出しも、かなり個性があるようです。

        @      @      @
 
 さすがに、手紙の書き出しのように、

  「謹啓 梅香の候、時下益々ご清祥の御事とお慶び....」

 ...と書く人はいらっしゃいませんが、
 
  「大変ご無沙汰いたしております。」
 
 ...という書き出しは、良く目にいたします。
 
        @      @      @

 私の場合は、

 「こんにちは!久米繊維工業/T-GALAXY.COMの久米 信行です。」
 「こんにちは!縁尋奇妙メールの久米 信行です。」
 「こんにちは!Allabout Japan Tシャツガイドの久米 信行です。」
 「こんにちは!くめのぶゆきです。」
 「こんにちは!くめです。」
 
 などを、ケースバイケースで使い分けております。
 
 もちろん親しくなるほど、短く、
 なおかつ、馴れ馴れしく?なるわけです。
 
 しかし、人生の大先輩にお出しすることや、
 お取引先に出すことも多いので、
 ふと、これで良いのか不安になることもあります。
 
        @      @      @ 
 
 そこで、みなさまが日頃、愛用されている
 【出だしの一言。名乗り方】がありましたら、
 ぜひ、ご教示くださいませ!

 どうぞよろしくお願いします!


 久米 信行

|

« 投稿5 あなたの【CC:BCC:活用法】を教えてください | トップページ | 投稿7 あなたの【ほろっときたメール】を教えてください »

コメント

はい、初対面の方へは
瀧山@三井不動産です。いつもお世話になり本当にありがとうございます。
です。弊社はどこかでお世話になってますから、汎用的に使えます。PCに「たきみ」で用語登録してます。「本当にありがとうございます。」は、ほんとうにそう思ってます。とても大切なことばです。

親しい人には、
瀧山です。お疲れ様です。
ですね。これに気候の話を足します。
「たきお」で用語登録してます。
その他、慣用句?をたくさん登録してます。

投稿: 瀧山幸伸 | 2004/03/17 12:10

くめさん

こんにちは! 高木です。

私の場合も、くめさんの「こんにちは!」を参考にさせていただいていて、純粋な仕事上の取引先以外は下記のようにしています。

「こんにちは! 高木です。」
「こんにちは! 足助の高木です。」
「こんにちは! タカキ工業の高木です。」

一時期、いきなり「○○さん こんにちは!」という呼びかけで、書き始めていましたが、あまりそういう書き方を見かけないので、通常のメールでは使わなくなりました。

純粋な仕事上の取引先は「タカキ工業の高木です。 お世話になります。」ですね。

メールマガジンでは一貫して、下記のように、めいっぱい元気な呼びかけではじめています。

「みなさん、「元気ですかーっ!?」 今日は「大安」です。」

ちょっと猪木さんが入ってます!

――――――――――――――――――――――――――――――――
高木伸泰 E-mail:takaki_n@nifty.com
有限会社 タカキ工業 TEL:0565-63-2111 FAX:0565-63-2028
タカキ工業ホームページ:http://www.takaki-jp.com/
個人Web[Key's Island] :http://homepage2.nifty.com/takaki_n/
Blog[思いつくまま-足助から-]:http://asuke.air-nifty.com/blog/
――――――――――――――――――――――――――――――――

投稿: Key | 2004/03/10 16:24

こんにちは!山口です。

久米さんの呼びかけを聞いて、ふと自分の送信済み
ファイルを広げてみると・・・・

けっこうシンプルでした!

【山口です】
★社内・親しい系

【毎々お世話になっております。テレコン山口です。】
★お客様系

この<毎々お世話になります>という言い方は
私が中国上海に住んでいた時に、
某有名老舗百貨店から海外赴任されていた方に
「弊社社内では<毎々お世話になります>という
書き出しを社内FAXの書き出しで使うんですよ。」
とお聞きしてからというもの十数年来使っています。いただきました!

それからテレコン山口です。というのは会社の
社名をダイレクトに姓につける方法です。
マーサー山口です。も使っていました。

これはゼンジー北京のようにお笑い系芸人さん
にある芸名にできるだけ近づけようという努力
です。

以前ロックバンド?爆風スランプが
「漢字+カタカナという組み合わせはお笑い系
例えば、玉川カルテットとか・・・を想像させる
のでBAKUFU SLUMPに改名しました!」と発表して
いましたが、私は幼少の頃から芸人さんになる
のが夢でしたので、あえて、カタカナ+漢字
にこだわっています。

山内さまが触れていらっしゃいますが
久米さんの!を
私もよく使わせていただきます。
今日もお読みいただきありがとうございました!
感謝!感謝!です。
http://plaza.rakuten.co.jp/shigekinin/

投稿: やまぐち のりかず | 2004/03/03 17:52

あちゃ。出だしですか。。。
ここは私が最も工夫をサボっているところかもしれません。

「社内向け」メールでの出だしは、特別な意図がない時には
何もなし。

「社外向け」メールでの出だしは、公私を問わずほとんど
「お世話になります。カレンの山内です。」です。

なぜいつも同じ出だしなのか、と考えてみると、
私の場合には「公私」が一体化しているのと、
久米さんのように複数の顔を持つ器量まで達していないため、
でしょうか。

ただ、久米さんの「こんにちは!」のように、「!」付きは
良いですね。明るく爽やかに挨拶して入って来た営業マン、
といった感じでしょうか。
真似してみようかな。皆さんの投稿を勉強させて頂きます。

投稿: 山内善行 | 2004/03/03 15:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10457/256879

この記事へのトラックバック一覧です: 投稿6 あなたの【出だしの一言、名乗り方】を教えてください:

« 投稿5 あなたの【CC:BCC:活用法】を教えてください | トップページ | 投稿7 あなたの【ほろっときたメール】を教えてください »